コンテンツへジャンプする
フィンランド外務省

フィンランド大使館・東京: 領事サービス: FAQ―よくある質問

フィンランド大使館、東京

〒106-8561東京都
港区南麻布3-5-39
電話: (03)5447-6000
E-mail: sanomat.tok@formin.fi
English | Suomi | Svenska | 日本語 |  | 
文字の大きさ 普通文字の大きさ 大
 

FAQ-よくある質問

大使館・名誉領事館訪問時の予約

領事関連のことで東京の大使館にいらっしゃる場合、領事部受付時間内ならば予約は不要です。札幌、名古屋、北九州の名誉領事館にいらっしゃる場合は、予約が必要です。

在留許可と就労許可

  • Q. 商用目的の短期訪問に就労許可は 必要ですか?

    A: 日本国籍の方は、180日の間に合計90日以内の滞在ならば就労許可は不要です。 ただし、滞在が90日以上になるときは、在留許可と就労許可の両方を事前に申請する必要があります。  移民局(Finnish Immigration Service)のサイトにある外国人法(Alien’s Act)80項をご覧いただくと、90日以内で観光目的以外のフィンランド訪問について記載されています。

    Alien's Act
  •  Q:ジャーナリストとしてフィンランドに入国するには何か許可が必要ですか?

    A: 日本国籍の方は、180日間の間に合計90日以内の滞在ならばビザや在留許可、就労許可は不要です。カメラ等の機材の持ち込みに関しては、ATMカルネ(無関税許可証)を日本出発前に 揃えておくことをお勧めします。
  •  Q: 私は日本人で在留許可を発行してもらいました。許可の有効期限の前にフィンランドを旅行することは可能ですか?

    A: 可能です。日本国籍の方の場合、在留許可の有効期限前でも、6ヶ月間に合計90日までならフィンランド又は他のシェンゲン協定国に滞在することが可能です。
  • Q: 在留許可の有効期限後、フィンランドを旅行することは可能ですか?

    A: 可能です。日本国籍の方の場合、在留許可の有効期限後、180日間に合計90日までフィンランド又は他のシェンゲン協定国に滞在することが可能です。
    フィンランド移民局HP内関連ページ
  • Q: 在留許可や就労許可を日本で申請してフィンランドで受け取ることは可能ですか?

    A: 出来ません。在留許可・就労許可は、申請も受取りも、申請者の現在の居住地(permanent residence)で行ないます。
  • Q: 在留許可をもってフィンランドに滞在中、シェンゲン協定圏外に旅行することは可能ですか?

    A:  可能ですが、訪問国の査証規定について、予めご確認ください。在留許可があれば、フィンランドには数次入国が出来ます。
  • Q: 在留許可の延長にはどのようにしたらよいでしょうか?

    A:  在留許可が切れる前に、フィンランドの居住地の最寄のフィンランド移民局地域オフィスで延長の申請をします。
     在留許可延長手続きは、フィンランド国内でしかできませんのでご注意ください。前の在留許可失効後に、日本で延長手続きをする場合、初回申請時と同じ扱いになり、同じ提出書類、費用、日数がかかります。
  • Q: フィンランドに滞在中、私の給与は日本にある会社(派遣元)によって支払われます。この場合、就労許可は必要でしょうか?

    A: 仕事の種類によって異なる在留許可申請書で申請してください。
    移民局のサイトをご参照ください。
  • Q: 私の家族も一緒に在留許可の申請をしますが、全員で大使館や名誉領事館に直接赴く行く必要はありますか?

    A: 在留許可を申請する方は全員大使館に、来館する必要があります。
  • Q: フィンランドで就業するため、就労許可と在留許可の申請に時間が余りない ときはどうすればいいでしょう?

    A: 在留許可・就労許可は、例外なく、申請時に居住している国にあるフィンランド大使館の窓口で申請書を提出し、許可証を受け取らなければなりません。
  • Q: 停年退職後、しばらくフィンランドに暮らしたい と考えています。そのような長期滞在制度はあるのでしょうか。

    A: 特別な制度はありません。日本国籍の方は、180日間に90日までであれば、無査証で滞在できます。それ以上の長期滞在は、在留許可を申請する必要があります。

査証(Visa)の申請

  • Q: 旅行保険はどのようなものが必要ですか?

    A: ビザの有効期間とシェンゲン協定圏で有効な保険が必要です。
    保険金額は、急病、事故、本国への帰国費用など、契約項目一件につき3万ユーロ相当必要です。万が一死亡した場合の本国への輸送費も補償される保険である必要があります。
  • Q:私は、韓国籍です。フィンランドへ観光旅行を計画していますが、シェンゲン・ビザを取得する必要がありますか?

    A:韓国籍の方は、180月間に90日以内の滞在であれば、シェンゲン・ビザの取得は不要です。参照リンク:フィンランドが認める有効旅券及びシェンゲン・ビザ要否リスト
  • Q:私は、北朝鮮籍で日本に在住し、パスポートを所持していないのですが、日本への再入国許可証は持っています。フィンランドに観光旅行に行くことはできますか?

    A:パスポートを作り、シェンゲン・ビザを申請する必要があります。詳細は フィンランドが認める有効旅券及びシェンゲン・ビザ要否リストをご参照ください。
  • Q: トランジットだけでヘルシンキを経由する場合、通過査証(Transit Visa)を取らなければならないでしょうか?

    A:行き先が非シェンゲン協定国で、空港のトランジット区域内だけにいる場は、原則通過査証の取得は 不要です。しかし、トランジット・ビザの取得を求めるケースもあるため、こちら(リンク)でご確認ください。

パスポート

  • Q: 私は日本国籍です。ツアーで10日間フィンランドへ観光旅行に行く予定ですが、パスポートが 2ヶ月で切れてしまいます。フィンランドに入国できますか?

    A:フィンランドならびにシェンゲン協定国出国時に、パスポートの残存期間が約3ヶ月以上あることが求められています。
  • Q:パスポートを新しくしました。フィンランドの在留許可が古いパスポートに添付されています。新旧両方のパスポートを持っていればフィンランドに入国できますか?

    A:パスポートが切り替わる際に新しい在留許可を取得しなければなりません。手続きは、フィンランド国内のみで可能ですので、居住地のフィンランド移民局地域オフィスにご相談ください。

留学

フィンランドの政府機関

  • Q: フィンランドの様々な政府機関の情報はどこから入手できますか?

    A:本ウェブサイト内のリンクページから政府・省庁をクリックするか、 Suomi.fi のポータルサイトから検索することが可能です。

その他

  • Q:自家用車をフィンランドに持っていきたいのですが、手続きを教えてください。

    A: 領事サービス>関連事項サイト内の「フィンランドへの転居」をご参照ください。

    詳細は、直接 Customs Information Service にお問い合わせください。
  • Q. フィンランド在住の友人に日本の食べ物を送りたいのですが、送ってはいけないものがありますか?

    A: 領事サービス>関連事項サイト内の「税関」の項をご参照ください。

    詳細は、Customs Information Service  に直接お問い合わせください。 
  • Q. 旅行にペットを連れて行きたいのですが手続きを教えてください。

    A. 領事サービス>関連事項サイト内の「動物」の項をご参照ください。

    詳細は管轄機関である EVIRA Unit for Animal Health and :ehyt @evira.fi.  に直接お問合せください。

このページを印刷する

本ページの表示

更新 2017/09/06


© フィンランド大使館、東京 | 本サイトについて | 連絡先