コンテンツへジャンプする
フィンランド外務省

フィンランド大使館・東京: 最新ニュース: お知らせ

フィンランド大使館、東京

〒106-8561東京都
港区南麻布3-5-39
電話: (03)5447-6000
E-mail: sanomat.tok@formin.fi
English | Suomi | Svenska | 日本語 |  | 
文字の大きさ 普通文字の大きさ 大
 
最近の出来事・お知らせ, 2017/07/18

フィンランド大使館商務部の新代表として
ペッカ・ライティネンが着任

Pekka Laitinen 1

フィンランド大使館商務部(Finpro)は、ペッカ・ライティネン商務参事官を新しい代表として、新体制で乗り出した。7月中旬にFinproのオフィス自体が大使館の施設内に移ったことで、Team Finlandの連携がさらに向上し、日本におけるフィンランドのビジネス促進が強化される。前任者のマルコ・サロネンはFinpro本部に戻り、日本市場への進出をねらうフィンランド企業をヘルシンキ側でサポートする。

Kimura at Finpro, Kimura at Finpro
同僚と談笑するFinproの木村正裕上席商務官

Finproの新しいオフィスは一見、インテリアデザインのショールームのよう。壁紙に使われたのは、フィンランドのデザインブランドIvana Helsinkiの大胆な絵柄。居心地の良いソファとラタンチェアに座れば、会話も深まって実り多いミーティングができそうだ。「確かに、従来のオフィスとは異なるかもしれません」と、ペッカ・ライティネン新代表は言う。「新しいオフィスを単なる仕事場ではなく、フィンランドの輸出促進にも役立てたいと思ったんです」

new Finpro office, new Finpro office

デザイン業界は、Finproが日本への輸出促進に力を入れている柱のひとつだ。Lifestyle FinlandとFashion from Finlandという名のもとに、昨年からフィンランドのライフスタイルとファッション企業をとりまとめて日本での展示会やショーケースで紹介。直近で開催されるのが、東京の表参道で今年9月に予定されている、一般消費者も歓迎のフィンランドファッション・ショーケースとポップアップ・ショップだ。また大きな可能性があるのが、7月初旬に工事が始まった埼玉県飯能市のムーミンテーマパーク「メッツァ」。2018年秋にオープン予定の商業施設「メッツァビレッジ」には、日本未上陸のフィンランド企業にも門戸が開かれる。「日本に拠点を持ちたいフィンランド企業がスムーズに日本市場に入れるよう、手助けするのがFinproです。今秋には、日本市場を試してみたいフィンランド企業のための『ソフトランディング・センター』を都心にオープンする予定です」と、ライティネンは説明する。

new Finpro office, new Finpro office

もちろん、Finproが対象とするのはデザイン関連ばかりではない。フィンランドのサウリ・ニーニスト大統領は2016年3月に来日した際、安倍晋三首相と会談し、新たな戦略的パートナーシップに関する共同声明を発表。経済や科学技術などの幅広い分野における協力推進を確認した。今年7月には安倍首相がフィンランドを訪れ、両国の戦略的関係を一層発展させていくことで一致している。これらのビジネス協力を実現させるべく、Finproとフィンランド大使館は一丸となって動いている。Finproが日常的に扱っている産業は、森林からエネルギー、食品、ヘルスケアなど多岐にわたる。

幅広い任務の舵を取るのに、ライティネンほど適した人物はいない。日本での滞在暦が20年ほどになるライティネンは主に金融セクターでコンサルティング業務に携わってきた。Finproの代表に着任する前は、投資銀行のSeptem Partnersでパートナーを9年間務めた。2009年から役員会のメンバーになっていた在日フィンランド商工会議所(FCCJ)では、2015年から2017年まで会頭として力を発揮した。Finpro の投資機能強化のために、2017年5月までの半年間、Finproのパートナー・アドバイザーも務めている。そんなライティネンが日本に初めて来たのは、フィンランドの銀行で働いていた1987年のこと。公用語のフィンランド語とスウェーデン語のほか、英語と日本語、ロシア語を流暢に話し、ドイツ語とオランダ語も読む程度ならこなせる。

ロシアとオランダでも勤務経験のあるライティネンが、結局日本に長く暮らしているのはなぜか。「もちろん、妻が日本人だということもあります。でも、日本の市場は面白いんですよね。日本で良い仕事経験ができていたからだと思います。何だか馴染むんです」と、ライティネンは振り返る。最近は時間があれば、智子夫人と一緒に別荘がある群馬県の北軽井沢へ向かう。「畑で採れた大豆で手作りするため、最近は味噌を買うことがありません。ジャガイモも、セラーに保管してある昨年の収穫物を食べているんですよ」。北軽井沢はヘルシンキと気候が似ているため、フィンランド特有の野菜なども育てやすい。畑で収穫したトウモロコシや赤カブ、ルタバガを料理して、ログハウスで味わうのが楽しいという。ログハウスにはサウナも?「いいえ、残念ながらサウナはありません。でもログハウスはフィンランド製ですから」と、ライティネンは目を輝かせた。

このページを印刷する

更新 2017/07/28


© フィンランド大使館、東京 | 本サイトについて | 連絡先