コンテンツへジャンプする
フィンランド外務省

フィンランド大使館・東京: 最新ニュース: お知らせ

フィンランド大使館、東京

〒106-8561東京都
港区南麻布3-5-39
電話: (03)5447-6000
E-mail: sanomat.tok@formin.fi
English | Suomi | Svenska | 日本語 |  | 
文字の大きさ 普通文字の大きさ 大
 
最近の出来事・お知らせ, 2017/12/08

12月6日独立記念日レセプションでの大使のスピーチ

皆さま、こんばんは。フィンランドが主権国家としてむかえる最初の100周年祝賀会にようこそいらっしゃいました。

1917年、12月6日木曜日。ヘルシンキにあるフィンランド議会はフィンランドが独立宣言をすることを承認しました。

100年前の我国は、今日とはかなり異なっていました。当時、フィンランドは欧州で最も貧しい国の一つでした。社会は政治的に分断され、第一次世界大戦の結果、
対外的な安全保障は非常に不安定でした。

このような謙虚で危険とも言える船出にもかかわらず、その後何年、何十年を経て、フィンランド市民は安定した、民主的な、経済的に豊かな国を築くことが出来ました。また世界でも最高レベルの社会的平等と男女同権の社会となったことを誇りにしています。

この成功は主に勤勉と忍耐力、頑固さの賜物です。フィンランド語では、このようなフィンランド魂をSISUと呼んでいます。ただ、こんにち私達が享受しているウェルビーイングは、教育への賢い投資や  新技術を素早く取り入れることの結果でもあります。

私達にとって最も大切な天然資源は、昔も今も、森に育つ木であり、子ども達の知能です。私の考えでは、フィンランドはこの二つの強みをとても上手にはぐくみ、開発し、活用してきました。

皆さま、
フィンランドは歴史を通して開かれた経済を実施し、国際主義の忠実な支持者です。私たちは、大きな成功を収めている北欧協力に深く傾倒しています。それは単に福祉社会制度だけに留まりません。

フィンランドにとって欧州の更なる統合も国益です。したがって、EUのパートナーと共に、欧州連合が代表するユニークな主権連合を発展させていくことに積極的に取組んでいます。

私達は同時に、人類全体が直面するグローバルな課題に世界中の国が協力しあって取組む必要があることも理解しています。
フィンランドの私たちは、全世界の国にとって共通の地球を持続可能な方法で守っていくには、多角的機関を維持し、支持し、そして国際法を尊重することが必要だと確信しています。


友人の皆さま、
我国は職場でのウェルビーイングを重視しています。ウェルビーイングが個人の創造性と組織の生産性に寄与する要因だと考えるからです。

駐日フィンランド大使として着任してから15ヵ月がたちましたが、個人的な仕事満足度は非常に高いレベルにあると、本日、皆様に御報告することができて嬉しく思います。

その理由は、フィンランドと日本政府が掲げる2カ国間協議事項が完全に肯定的で未来志向のものであるばかりか、日本人の方々がフィンランドの文化やライフスタイルの様々な面を純粋に素敵だと評価してくださっているからです。

フィンランド人についても同様です――私達はとても日本に関心を持ち、日本の多種多様な面に魅せられています。フィンランド人にとって、日本は本当にクール、かっこいい、国なのです。

したがいまして、日本とフィンランドが外交関係樹立をしてから最初の100年となる2019年にむけて、自信をもって準備することができるのです。独立100周年を迎えた今年がそうであったように、2年後も大成功を収めますよう皆様のお力添えと御協力を賜りたいと存じます。

今年のテーマは「together」でした。次の100年間も、日本とフィンランドは「一緒に」手をとりあって二カ国関係を深め、よりよい世界を構築していきます。

ご清聴有難うございました。

このページを印刷する

更新 2017/12/08


© フィンランド大使館、東京 | 本サイトについて | 連絡先