コンテンツへジャンプする
フィンランド外務省

結婚 - フィンランド大使館・東京 : 領事サービス : 関連事項

フィンランド大使館、東京

〒106-8561東京都
港区南麻布3-5-39
電話: (03)5447-6000
E-mail: sanomat.tok@formin.fi
English | Suomi | Svenska | 日本語 |  | 
文字の大きさ 普通文字の大きさ 大
 

結婚

日本で婚姻をする場合

1. 結婚届けを提出する市区町村の役場に、必要な書類をお問い合わせください。 一方がフィンランド国籍の場合、一般的に以下の書類が必要です:

* フィンランド人:婚姻要因具備証明書Todistus Suomen Kansalaisen Oikeudesta Mennä Avioliittoon Ulkomaan Viranomaisen Edessä(所属教会又はMaistraattiに申請/期限概ね6ヶ月)出生証明書も求められる場合もあります。
* 日本人:戸籍謄本原本(発行後3ヶ月以内)
2. 上記フィンランドの公文書には、現地の公証人役場(Notaari)で アポスティーユを付与してもらいます。
3. フィンランドの公文書を日本語に翻訳します。(日本の法務省によると、日本語への翻訳は、翻訳者名が書類に明記されていれば、誰でも翻訳できます。したがって、当事者が翻訳することも可能です。いずれにしても、届出先の日本の市区町村役場にご確認ください。)
4. 市区町村役場に婚姻届けを提出します。20歳以上の証人が2名同席し、署名捺印する必要があります。
5. 届出が受理されると「婚姻届け受理証明書」が発行され、日本人当事者を筆頭者とする新たに編成された戸籍に婚姻が記載されます。
6. 婚姻をフィンランドの住民登録センターに登録します。

フィンランドの住民登録センター必要書類を直接Länsi-Suomen Maistraattiへ送られるか、駐日フィンランド大使館を通して提出してください。(郵送可)

  • 記入済みの婚姻届出用紙⇒申請書類へのリンク
  • 婚姻が記載されている戸籍謄本原本(法改正により2010年3月1日より法人格のある翻訳事務所による英語翻訳及びアポスティーユ添付が必要になりました。)
  • 夫と妻のパスポートのコピー(名前や生年月日などの個人情報記載の頁)
  • 外国人登録証のコピー
  • フィンランド人が姓を変更した場合、姓変更届 Sukunimen ilmoituslomake に記入

大使館は書類をフィンランドの住民登録センターに送付します。
7. 結婚により姓を変更した場合、新しいパスポートを取得するか、パスポートに訂正又は併記の申請をします。

フィンランドで婚姻する場合

1. 結婚に必要な書類を揃えます:

  • フィンランド人:教会区か公証人役場(Notaari)より発給される婚姻要件具備証明書(期限4ヶ月)
  • 日本人:婚姻要因具備証明書(期限4ヶ月)
    戸籍謄本を取り寄せ、日本の法務局で婚姻要因具備証明書を作成してもらい、翻訳会社 による英訳及び アポスティーユ(外務省)付託。

    在フィンランド日本大使館 でも婚姻要因具備証明書を発行していますが、基本的に3ヶ月以上の居住者対象ですので、必ず発行条件などを直接お問い合わせください。


2. 挙式前に、婚姻証明書の使用言語、婚姻後の姓を決め、Maistraattiに通知します。
3. 教会かMaistraattiで挙式。証人2名が必要です。
4. 教会かMaistraattiから婚姻証明書が発行されます。
5. Notaariで婚姻証明書に アポスティーユを添付してもらいます。(日本語への翻訳は、届出をする日本の市区町村役場にご確認ください。)
6. 在フィンランド日本大使館または、直接日本の市区町村役場に3ヶ月以内に婚姻届けをします。
フィンランドの住民登録センターには、自動的に登録されます。
7. 婚姻後、フィンランドに滞在する場合、フィンランド人配偶者としての滞在許可申請をフィンランド国内で行えます。詳細は管轄の警察にお問い合わせください。

このページを印刷する

更新 2017/09/11


© フィンランド大使館、東京 | 本サイトについて | 連絡先