コンテンツへジャンプする
フィンランド外務省

小泉首相、フィンランドを訪問 - フィンランド大使館・東京 : 最新ニュース

フィンランド大使館、東京

〒106-8561東京都
港区南麻布3-5-39
電話: (03)5447-6000
E-mail: sanomat.tok@formin.fi
English | Suomi | Svenska | 日本語 |  | 
文字の大きさ 普通文字の大きさ 大
 
最近の出来事・お知らせ, 2006/09/19

小泉首相、フィンランドを訪問

小泉首相はASEMや首脳会談のほか観光地を訪れ、充実したフィンランド訪問となった。

小泉首相は、ASEM首脳会議に先立ち、ヴァンハネン首相とハロネン大統領を表敬した。

ヴァンハネン首相と小泉首相にとって、この一年半で三度目となる首脳会談では、二国間の経済、政治、文化関係をはじめ、EU・日本関係や国際情勢についても話し合われた。

ヴァンハネン首相との会談後、小泉首相はヘルシンキ郊外のトゥースラにある作曲家ジャン・シベリウスの家を訪れ、テンペラ弦楽四十奏団の演奏を鑑賞した。シベリウスがお気に入りの小泉首相は、首相のメールマガジンの中で「思いがけず好きな作曲家の新しい曲を聴くことができて、とてもうれしいひとときでした」と感想を述べた。また、首相は画家ペッカ・ハロネンのアトリエ兼自宅があるハロセンニエミを訪れた。晩には、ヴァンハネン首相がコーニグステッド迎賓館で主催した夕食会に出席した。

9月9日、小泉首相はヘルシンキを観光し、ヘルシンキのスオンメンリンナ要塞を訪れた。首相は、フィンランドで初めて造られた裏千家の茶室でお茶を楽しんだ。首相はまた、スオメンリンナで思い出の品を持ち帰り、最後の外遊の地フィンランドの世界遺産で拾った石は、思い出深い宝石となったと感想を述べた。

スオメンリンナ訪問後、小泉首相はハロネン大統領との会談に臨んだ。高齢化社会や環境問題について意見交換され、同時にフィンランドと日本の友好関係が非常に良好であることが確認された。9日の晩、小泉首相はハロネン大統領主催のレセプションパーティーに出席した。

二国間会談を終えた小泉首相は、10・11日のASEM首脳会議に出席した。

首相官邸

このページを印刷する

本ページの表示

更新 2006/09/19


© フィンランド大使館、東京 | 本サイトについて | 連絡先