コンテンツへジャンプする
フィンランド外務省

ヘルシンキに待望の音楽センターが誕生 - フィンランド大使館・東京 : 最新ニュース

フィンランド大使館、東京

〒106-8561東京都
港区南麻布3-5-39
電話: (03)5447-6000
E-mail: sanomat.tok@formin.fi
English | Suomi | Svenska | 日本語 |  | 
文字の大きさ 普通文字の大きさ 大
 
最近の出来事・お知らせ, 2011/08/30

ヘルシンキに待望の音楽センターが誕生

Photo: Jussi Nukari/LKS
ヘルシンキ音楽センターの中心にある大コンサートホール。舞台を囲んで1700の客席があり、ホールの外側は明るい光に包まれたガラス張りのロビーになっている

2011年9月、ヘルシンキの中心地に新しいランドマークが正式にオープンする。音楽愛好家が待ち望んだヘルシンキ音楽センターは、9月初めの開会式典に向けて準備中だ。

低層階で控えめな外観をもつ音楽センターの主要テーマは「開放性」。センターは、国会議事堂の向かい側にある芸術関連施設や博物館が集中する一角に位置する。施設内にはコンサートホールのほか、レストランやカフェもある。昼間の時間には展示会やライブパーフォーマンス、天気が良ければ中庭のカフェで屋外イベントなども開催可能だ。

music centre Helena Hiilivirta音楽センターのヘレナ・ヒーリヴィルタ館長      PHOTO: Sari Gustafsson/Lehtikuva

「私たちの目的は、万人に開かれた生活空間としての文化センター、集いの場をヘルシンキの中心につくることです」と、音楽センターのヘレナ・ヒーリヴィルタ館長は語る。「当施設は、ヘルシンキ中央駅と目抜き通りであるマンネルヘイム通りとの中間という大変便利な場所にできました。濡れたブーツのままでいらっしゃっても大丈夫です」

建物の中心部には大コンサートホールがある。舞台を囲んで1700の客席があり、ホールの外側は明るい光に包まれたガラス張りのロビーになっている。床面積は36,000平米。地下1階には5つの小コンサートホールとゆったりとした控え室がある。

コンサートホールを求めてきた音楽の都市ヘルシンキ

フィンランドは作曲家ジャン・シベリウスの登場で、音楽国家として世界で認識されるようになった。それ以来、ヘルシンキは立派なコンサートホールの完成を待ち焦がれてきた。1960年代、もう1人の世界的に有名なフィンランド人アルヴァル・アールトがその試みに挑戦し、1971年にフィンランディアホールが完成した。マンネルヘイム通りに出現した白い大理石のホールは、建築家兼デザイナーのアールトによる最後の作品として瞬く間に国民的建造物になったものの、音楽家は完璧とはいえない音響に落胆した。音は響くかわりにこもってしまうのだ。

music centre middle of city音楽センターは、都心にある万人に開かれた生活空間としての文化発信地、集いの場になることを目指す     PHOTO: Musiikkitalo

新しい音楽センターの設計では、音響に妥協は許されなかった。2000年に行われた音楽センターの設計コンペで優勝したフィンランドのLPR設計事務所は、設計を受注する契約を結ぶ際、優れた音響設計で評判の永田音響設計と協力する旨に同意しなければならなかった。
「音響への配慮を何よりも優先しました。それだけは絶対に外せません」と、ヒーリヴィルタ館長は言う。「あとコンサートを聴きに来るお客様にとって大切なのはもちろん、ロビーで味わう良質な濃いコーヒーですよね」

二つのオーケストラの拠点に

音楽センターは、ヘルシンキの主要オーケストラであるヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団(HPO)とフィンランド放送交響楽団(RSO)の拠点になることが決まっている。いずれも国際的に高い評価を得ているオーケストラだ。センターの北館には、シベリウスアカデミーが入居する。


バイオリニストのエーヴァ・ハーパマキ氏に音楽センターの印象を聞いた

音楽センターでは、8月末から9月初めにかけて、レジデントオーケストラによる初演コンサートなど、さまざまなオープニングイベントが開催される。ハイライトには、人気ソプラノ歌手カリタ・マッティラとRSOによるコンサートや、アメリカ人ピアニストのデニス・マツーエフとHPOによるラフマニノフのガラコンサート、チェロのロックバンドとして人気のアポカリプティカによるショー等が予定されている。

「世界に通用するこのコンサートホールが完成すれば、さらに多くの国際的スターがやって来ることでしょう」と、ヒーリヴィルタ館長は期待する。

RSOとHPOは、新しいコンサートホールですでにリハーサルを始めている。ただし、まだ聴衆はおらず、本番のコンサートという設定で音響を試したわけではない。RSOの第2バイオリニストであるエーヴァ・ハーパマキ氏に感触を聞いてみた。「新しいホールで演奏するのは心踊るし、素敵です。そして、ちょっとドキドキしますね」

from thisisFINLAND, written by Salla Korpela

ヘルシンキ音楽センターのサイト

このページを印刷する

本ページの表示

更新 2011/08/30


© フィンランド大使館、東京 | 本サイトについて | 連絡先