コンテンツへジャンプする
フィンランド外務省

日本フィンランド学校50周年 - フィンランド大使館・東京 : 最新ニュース

フィンランド大使館、東京

〒106-8561東京都
港区南麻布3-5-39
電話: (03)5447-6000
E-mail: sanomat.tok@formin.fi
English | Suomi | Svenska | 日本語 |  | 
文字の大きさ 普通文字の大きさ 大
 
最近の出来事・お知らせ, 2014/08/18

日本フィンランド学校50周年

フィンランド人宣教師の子供たちのために設立された、日本フィンランド学校は今年創立50周年の記念の年を迎える。卒業生の一人である、スリヤ佐野ヨハンナ雪恵 さんに学校の歴史と現況について報告してもらった。

Jasuko prayers 1965
1965年

1964年秋、滋賀県大津市に、日本に在住するフィンランド人宣教師子弟の学校として設立。 (通称はJASUKO「やすこ」)。

1964年当初、大津キリスト福音教会を会場に3人の生徒で始まり、その年の内に6人となる。最も多かったのは1987年の43人。設立母体は宣教団体フィダ・インターナショナルで、後に複数の団体 が参加。プレハブ校での活動の後、1987年には現在の校舎や寄宿舎が完成。

Jasuko students and parents 1974
1974年 春の終了式

1990年代から生徒数が減少し、4宣教団体による学校運営は2003年に解散。2006年には、フィンランド語、英語、日本語のトライリンガルスクールとして再開し2008年まで続いた。

Jasuko Giants
卒業生らはフィンランドで野球チームJASUKOジャイアンツを結成

多くの卒業生は日本関連の仕事をしており、宣教活動をはじめ様々な分野で両国の協力関係の発展のために貢献している。日本人と結婚している卒業生もいる。また、フィンランド在住の卒業生は、「JASUKOジャイアンツ」の名前で正式な野球チームを始めた。(写真参照)

現在JASUKOは、日本のフィンランド系キリスト教団体により運営されており、一般向けの宿泊施設と大きなサウナが完備している。今も一年を通し、セミナーや修養会、地元保育園の保育、キャンプ、文化交流、ボランティア活動、国際交流など、今も日本とフィンランドの架け橋として大いに用いられている。

お問い合わせ:レフトサーリ・サミペッカ神之助&麻衣
管理人、キリスト福音教会 KFKグループ

〒520-2115 滋賀県大津市新免2-10-1
Tel/Fax: 077-549-1555    メール: samicks@hotmail.co.jp 

pdfThe Finnish School in Japan 50th anniversary logo

Jasuko Embassy 86 -1
1986年修学旅行で大使館を訪問。生まれて初めてラザニアを食べる。
Jasuko Embassy -2 1986
1986年
Jasuko stone
やすこ記念碑

このページを印刷する

更新 2014/08/14


© フィンランド大使館、東京 | 本サイトについて | 連絡先