コンテンツへジャンプする
フィンランド外務省

あなたもプログラマーになれる!フィンランド発のレイルズガールズ - フィンランド大使館・東京 : 最新ニュース

フィンランド大使館、東京

〒106-8561東京都
港区南麻布3-5-39
電話: (03)5447-6000
E-mail: sanomat.tok@formin.fi
English | Suomi | Svenska | 日本語 |  | 
文字の大きさ 普通文字の大きさ 大
 
最近の出来事・お知らせ, 2015/02/27

あなたもプログラマーになれる!フィンランド発のレイルズガールズ

プログラミングは楽しくて簡単──そんなメッセージを掲げて活動しているのが、フィンランド発のレイルズガールズ(Rails Girls)。女性を対象にプログラミングを教える無料ワークショップの輪で、インターネットを通じて今世界中に広がりつつある。駐日フィンランド大使館は2月18日、レイルズガールズを設立したリンダ・リウカス氏を招き、プレスイベントを開催。日本でのワークショップに携わってきた株式会社万葉の鳥井雪氏とGMOペパボ株式会社の柴田博志氏も、今までの活動や運営について紹介した。「フィンランドでは『社会運動』と言うべきたくさんの取り組みが生まれています」と、マヌ・ヴィルタモ駐日フィンランド大使は冒頭の挨拶で述べた。「そのうちのひとつがレイルズガールズ。とても大切な使命を担った、ポジティブなオーラが感じられる活動です」

Rails Girls organizers
写真左2人目から:リンダ・リウカス氏、マヌ・ヴィルタモ駐日フィンランド大使、鳥井雪氏、柴田博志氏

 今までは社会通念として、女の子は数字に強くない、強くあるべきではないという考え方が存在した。哲学や美術を学んでいたリウカス氏自身も、昔は「プログラミングは孤独で数学的でつまんない」と思い込んでいたという。「でもそれでは駄目、女の子も絶対関わらなきゃ!世界は今、プログラミングで動いているんだから」。リウカス氏のメッセージは国境を飛び越え、世界各地で共感を呼んでいる。2010年にヘルシンキで初めて開催されたワーク

ショップは、今では世界227都市に広がり、累計1万人以上の女性がウエブアプリなどの作り方を学んだ。地元の企業などが出資する2日間のワークショップはボランティアによって運営され、コーチ役も無償でノウハウを教える。使用するのは、島根県松江市のまつもとひろゆき氏が開発し、業界内で一番使いやすいと評判のプログラミング言語Rubyだ。受講者には初心者や専業主婦も含まれ、彼女たちが後々プログラミングの仕事に就くケースもある。女性の就業機会を増やすことこそ、レイルズガールズの目的のひとつ。急成長中のプログラミング業界は高給の仕事も多く、いわゆるガラスの天井もない。在宅でも仕事できるので、子どもがいる女性にもうってつけだ。

Linda making presentation, Linda making presentation

それでも難しそう・・・と躊躇する女性に、リウカス氏はプログラミングの楽しい考え方を展開する。たとえば専門用語の「数列(sequence)」。「朝起きて洋服に着替えるときに、まずパジャマを脱がなきゃいけないでしょ」とリウカス氏。プログラミングがきちんと作動するには、決まった順番を守らなくてはいけないという説明だ。洋服の袖が絡まっていたりしたら、うまく手を通せない。これがいわゆる「バグ」だと考えればいい。難しい響きがする「アルゴリズム」も、リウカスは料理にたとえて解説する。

Liukas with Fintan
フィンランド大使館のツイッターキャラクター「フィンたん」とリウカス氏のツーショット

こうしたシンプルかつ楽しいプログラミングの考え方は、日本でも紹介されつつある。レイルズガールズのワークショップは2012年9月に東京で初めて開催され、その後、札幌や名古屋、松江など11カ所で行われた。今年3月には長野県塩尻市で、4月には京都で予定されている。日本での活動もフィンランド同様、ボランティアがベース。開催したい場合はrailsgirls.comに連絡し、自ら出資者やコーチ役などを集める。日本ではソフトウエア業における女性の雇用者がたった2割弱と、フィンランドよりも男女差が大きい。だからこそレイルズガールズのような活動が必要だと、鳥井氏は強調する。そんな日本の現状に、リウカス氏はエールを送る。「日本人は、技術と創造性の組み合わせ方がすごい上手!西洋人には『絵文字』なんて考えつかない。女性的な観点をもっと足せば、もっと楽しくてカラフルな活動が生まれると思う」

プログラミング教育は幼少から始めるべきだと主張するリウカス。そんな信念のもと昨年、クラウドファンディングを通して発表したのが絵本プロジェクト「Hello Ruby」だ。5~7歳を対象にしたプログラミングについての物語で、わずか3時間半で目標額の1万ドルを達成、合計で38万ドルの集金に成功した。リウカスは学校教育のカリキュラム作りにも携わっている。フィンランドの学校では2016年からプログラミングが必修になるからだ。「ある人がこんな冗談を言っていたの。将来必要な言語は英語、中国語、そしてジャバスクリプト(javascript)だって」と、リウカスは笑う。「プログラミングは、自分を表現する道具のひとつ。レゴのおもちゃやクレヨンと同じよ」

レイルズガールズ公式サイト
レイルズガールズ・ジャパン

Linda Liukas
Fintan and Ruby, Fintan and Ruby
フィンたんと、絵本「Hello Ruby」の主人公Ruby。リウカス氏によるイラスト

このページを印刷する

本ページの表示

更新 2015/02/27


© フィンランド大使館、東京 | 本サイトについて | 連絡先