コンテンツへジャンプする
フィンランド外務省

フィンランドがFOODEX JAPANに初参加 - フィンランド大使館・東京 : 最新ニュース

フィンランド大使館、東京

〒106-8561東京都
港区南麻布3-5-39
電話: (03)5447-6000
E-mail: sanomat.tok@formin.fi
English | Suomi | Svenska | 日本語 |  | 
文字の大きさ 普通文字の大きさ 大
 
最近の出来事・お知らせ, 2015/03/05

フィンランドがFOODEX JAPANに初参加

tape cutting ceremony
オープニングセレモニーのテープカットに参加したヴィルタモ大使(写真左)

フィンランドの企業が今年初めて、千葉県の幕張メッセで3月3日から6日まで開催されているFOODEX JAPANに出展した。FOODEXは、世界79カ国・地域が参加するアジア最大級の食品・飲料展で、昨年は約7万5000人の来場者を集めた。フィンランド大使館は3月2日、Food from Finland(フィンランドの食品・飲料メーカーを取りまとめた団体)を招き、イベントを開催。日本の輸入や小売業者、飲食店や観光関係者、ジャーナリストらに、フィンランドの食の魅力やFood from Finlandについて紹介した。ミシュラン星レストラン「分とく山」の料理長である野崎洋光氏も主賓として出席し、昨夏訪れたフィンランドの思い出について語った。大使館に集った130名以上の参加者は、フィンランド人シェフのアルト・ラスタス氏が腕を振るった料理を楽しんだ。

Foodex chefs and Amb, Foodex chefs and Amb
左からラスタス氏、ヴィルタモ大使、野崎氏

フィンランドの食べ物の原点は、澄んだ水と新鮮な空気、豊かな土壌に恵まれた北極圏にある。白夜の太陽を浴びて育った「森の恵み」は栄養価が高く、長くて寒い冬の間、フィンランド人の健康を維持するのに一役買っている。「本日の料理に使われているフィンランドの食材に共通するのは、世界有数のクリーンな環境で育った素材が使われているということです」と、マヌ・ヴィルタモ駐日フィンランド大使は冒頭の挨拶で述べた。「これらは健康に非常に良いだけではなく、品質も大変優れています」。昨年の夏に在ヘルシンキ日本大使館のイベントで厨房に立った野崎氏も、フィンランドの食材について言及した。「あのサーモンの美味しさ!日本では味わえないだろうという美味しさでした」

deep fried wakasagi
揚げワカサギ ディルマヨネーズで

ビュッフェレセプションでは、フィンランド人シェフのラスタス氏がFood from Finlandの商品を使って独創的な料理を披露。フィンランドの小魚「ムイック」の代わりに揚げたワカサギにディルマヨネーズを添えたり、Vaissi社のロールキャベツにRoberts社のコケモモジャムをかけたり。Hunajainen SAM社の松風味蜂蜜であえたHelsinki Mills社のオート麦マリネは、フィンランド産トナカイのソーセージと一緒にダイニングテーブルに並んだ。話題を集めたのが、Stallhagen社の「世界最古」のビール。2010年にバルト海の沈没船から引き上げられた1840年代のビール瓶を分析して、味を再現したものだ。Nordic Koivu社の白樺の樹液や、Kyrö Distilleryによるライ麦のみで蒸留した世界初のウィスキーなど、その他の飲み物類も充実していた。

reindeer sausage
トナカイのソーセージと大麦マリネの松風味蜂蜜付け

Food from Finlandは、飲食類の輸出促進のためにつくられたフィンランド企業の集合体。2020年までに、輸出総額を現在の2倍に当たる約30億ユーロまで増やすことを目標に掲げている。今年のFOODEXには、Food from Finlandに所属している11の企業が来日。ビルベリーやリンゴンベリーなどフィンランド特有のベリー類の加工品、蜂蜜や穀物製品などがブースを飾った。初日の3月3日にはヴィルタモ大使が訪れ、オープニングセレモニーのテープカットを行った。Food from Finlandのブースにはたくさんの来場者が立ち寄り、試食を味わったり、出展者の話に聞き入った。商談などビジネスの話が進むなか、ムーミンの登場で会場の熱気はさらに高まった。

Finland booth, Finland booth
FOODEXのFood from Finlandパビリオン

日本の北欧料理に対する関心が増えつつある今、Food from Finlandの初来日は良いタイミングだといえる。日本各地でさまざまな北欧料理イベントが開催され、北欧の食文化にスポットを当てた出版物もたくさん書店に並んでいる。また最近では、本場の味を知りたいと北欧諸国を訪れる日本人観光客も格段に増えている。

FOODEX JAPAN 2015

Food from Finland

pdfFOODEXに出展しているフィンランド企業リスト

このページを印刷する

本ページの表示

更新 2015/03/05


© フィンランド大使館、東京 | 本サイトについて | 連絡先