コンテンツへジャンプする
フィンランド外務省

ハロネン前大統領、国連防災世界会議で主要な役割を担う - フィンランド大使館・東京 : 最新ニュース

フィンランド大使館、東京

〒106-8561東京都
港区南麻布3-5-39
電話: (03)5447-6000
E-mail: sanomat.tok@formin.fi
English | Suomi | Svenska | 日本語 |  | 
文字の大きさ 普通文字の大きさ 大
 
最近の出来事・お知らせ, 2015/03/24

ハロネン前大統領、国連防災世界会議で主要な役割を担う

仙台で開催された国連防災世界会議でフィンランドは存在感を放った。フィンランドのタルヤ・ハロネン前大統領は、パネリストとして基調講演を行い、在ジュネーブ国連フィンランド政府代表部のパイヴィ・カイラモ大使は会議前準備委員会で共同委員長を務めた。 

Photo courtesy of: UNISDR.
Halonen Kairamo Wahlström
ハロネン前大統領(右)はワルストロム国連事務総長特別代表(中央)と会い、藩基文国連事務総長からの特別表彰「防災のグローバルチャンピオン」を受けた。左にいるのは、在ジュネーブ国連フィンランド政府代表部のカイラモ大使

3月14日~18日に仙台市で開催された第3回国連防災世界会議は数千人が参加する大規模なものだった。ハロネン前大統領は国連から直接会議に招聘され、主要な役割を担った。主要関係者とのハイレベル対話「防災における女性のリーダーシップ」にパネリストとして参加したほか、ワーキングセッション「安全な学校へのコミットメント」で基調講演をした。

Photo courtesy of: UNISDR.
President Halonen UNWC
ハロネン前大統領は、仙台市で開催された国連防災世界会議で主要な役割を担った

ハロネン前大統領はまた、藩基文国連事務総長より「防災のグローバルチャンピオン」として特別表彰を受けた。2011年防災グローバルプラットフォームではハイレベル・セッション「Ahead of the Wave: Leading the Way to Resilience」の議長を務め、国連事務総長のイニティアティブで設置された「地球の持続可能性に関するハイレベル・パネル」では共同議長も務めている。

ハロネン前大統領は仙台にて、安倍晋三総理大臣が防災会議に参加する国家元首級の要人を招いた公式昼食会に出席したほか、マルガレータ・ワルストロム国連事務総長特別代表(防災担当)と二者会談も行った。

Halonen visit Kiitos park
仙台市内のキートスパークも訪問。公園の一部に、フィンランドの企業が寄贈したムーミン遊具が設置されている

防災会議の数日前、仙台市をはじめとする東北地方は東日本大震災の4周年を迎えた。ハロネン前大統領は会議での役割を終えたのち、津波で甚大な被害を受けた仙台市の浄化センターや小学校を訪れた。また仙台フィンランド健康福祉センターや、フィンランドのプーハ・グループが寄贈したムーミン遊具が設置されている「キートスパーク」にも足をのばした。

 仙台に赴く前には、東京の駐日フィンランド大使館で開催された昼食会に出席した。昼食会のテーマは、日本で最近議論が活発化している女性のエンパワーメント。ハロネン前大統領は、さまざまな分野で活躍する日本の女性リーダー数名とともに議論に興じた。ハロネン前大統領はまた、高円宮妃久子殿下とご会食する光栄を浴した。

Halonen power ladies
駐日フィンランド大使館では、日本の女性リーダーたちとの昼食会に出席した

第3回国連防災世界会議のフィンランド代表団は、フィンランド外務省のペッカ・プースティネン開発局局長が代表を務めた。またカイラモ大使も、会議前準備委員会共同委員長として重要な役割を果たした。

リンク
第3回国連防災世界会議

タルヤ・ハロネン前大統領の公式ホームページ

このページを印刷する

更新 2015/03/24


© フィンランド大使館、東京 | 本サイトについて | 連絡先