コンテンツへジャンプする
フィンランド外務省

北極圏とICTとデザインと - レーン大臣が企業の日本市場参入を支援 - フィンランド大使館・東京 : 最新ニュース

フィンランド大使館、東京

〒106-8561東京都
港区南麻布3-5-39
電話: (03)5447-6000
E-mail: sanomat.tok@formin.fi
English | Suomi | Svenska | 日本語 |  | 
文字の大きさ 普通文字の大きさ 大
 
最近の出来事・お知らせ, 2016/05/24

北極圏とICTとデザインと - レーン大臣が企業の日本市場参入を支援

Pirjo
IvanaHelsinkiの創業者ピルヨ・スホネンはここ数年、頻繁に来日している。最新作は高い関心を呼んでいた。.

駐日フィンランド大使館は5月19日、フィンランド製品を紹介する展示会場と化した。日本市場に本格的に進出しつつあるデザイン・ライフスタイル企業が日本のメディアやバイヤー、関係者に自社の新しい製品を紹介した。会場には約200人が訪れ大盛況だった。

Pomari, Pomari
デザイナーイレネ・コスタスが2年前に立ち上げたばかりのONARだが、すでに日本でも取扱店が増えている
Pomari
大使館のロビーでは、靴のPomari、女性服のAino、バッグのGollaが注目を集めていた
Arctic
フィンランドの砕氷船を運営するArctiaのCEOテロ・ヴァウラステが、日本の皆さんに自社の砕氷船が使用される2017年夏開催の国際Arctic100 Expedition調査への参加を呼びかけた

その前日の5月18日には、同じフィンランド大使館でフィンランドと日本の北極圏協力の可能性について公的機関や大学、さらに企業の代表者が集まり議論した。また同じ日には、ジェトロ(日本貿易振興機構)で、フィンランドのICT関連企業が日本企業や関係者に事業を紹介した。

ICT seminar
ジェトロでのフィンランドICT関連企業のセミナーには多くの参加者が集まり、会場は一杯になった.

チームフィンランドを率い輸出促進のため来日していたオッリ・レーン経済大臣は3つのイベント全てでスピーチをした。ファッションやライフスタイル分野の企業は今回初めて輸出促進のビジネス代表団に含まれた。日本が最初の訪問地に選ばれたのは、市場規模の大きさだけでなく、フィンランドのデザインや国のイメージが日本では非常に人気なことが影響している。来日した企業の多くが、今回新しい商談や契約に結びついた、もしくは次につながりそうだとイベントで語っていた。

日本とフィンランドの北極圏協力をより密にしていこうとする背景には、フィンランドのサウリ・ニーニスト大統領と日本の安倍晋三首相が今年3月に発表した両国間の戦略的パートナーシップについての共同声明がある。

このページを印刷する

更新 2016/06/15


© フィンランド大使館、東京 | 本サイトについて | 連絡先