コンテンツへジャンプする
フィンランド外務省

日本の「フィンランド人気」が学術的調査で明らかに - フィンランド大使館・東京 : 最新ニュース

フィンランド大使館、東京

〒106-8561東京都
港区南麻布3-5-39
電話: (03)5447-6000
E-mail: sanomat.tok@formin.fi
English | Suomi | Svenska | 日本語 |  | 
文字の大きさ 普通文字の大きさ 大
 
最近の出来事・お知らせ, 2016/06/15

日本の「フィンランド人気」が
学術的調査で明らかに

日本で定着した感のある「北欧ブーム」だが、今まで「日本人が北欧各国にもつイメージ」について学術的な調査は存在しなかった。この度、3人のフィンランド人研究者が2016年4月にオンライン調査を実施。フィンランド大使館では6月9日、約50名の観光関係者や北欧関連の卸・小売業者に向けて、結果発表会を行った。

Leena Partanen for Visit Finland
nordic scenery
北欧を旅行先に選ぶ理由のひとつが「景観」だった

個別に語られることの少ない「北欧」だが、フィンランド、スウェーデン、デンマークの3カ国では日本人がもつイメージは異なるのか。そしてこれらのイメージが、旅行先を選ぶうえで影響するのか。アールト大学のアルト・リンドブロム教授、トゥルク大学のタル・リンドブロム博士、東京大学のミーッカ・レヘトネン特任助教が調査に乗り出した背景には、こうした疑問があった。アンケート調査には約1600人が回答。そのうち75%が女性で、約60%が関東に住み、平均年齢は37歳だった。

調査研究の結果、日本人が北欧各国にもつイメージは概ね肯定的で、魅力的な旅行先だと捉えられていることがわかった。最もイメージが良かったのがフィンランドで、教育レベルの高さと好感がもて信頼できる国民性がその主な理由として挙げられた。

Taru Lindblom, Taru Lindblom, Taru Lindblom
調査結果について説明するタル・リンドブロム博士

国に対する良いイメージが、旅行先を選ぶうえで左右することも明らかになった。回答者のうち約50%が、一年以内にフィンランドへ「旅行に行く可能性がある」または「旅行に行く可能性が非常に高い」と回答。スウェーデンの場合は33%、デンマークは28%だった。「日本人消費者は、象徴的なデザインやアイコンによって各国をイメージづけていました」と、タル・リンドブロム博士は説明。「また『安全性』と『景観』が旅行先を決めるうえで大きな要因となっていました」

興味深いのは、渡航経験のある回答者のほうが、渡航経験のない回答者よりもイメージが良かった点だ。アンケートに応じた日本人のうち、約半数がフィンランドに行ったことがあると回答。一方で、スウェーデンを訪れたことがある回答者は28%、デンマークの場合は24%だった。こうした結果から、健全なビジネスのサイクルが垣間見える:良いイメージのある北欧へ旅行に行く日本人が増加し、帰国後には国のイメージがさらに良くなる。そして再び訪問しようと旅行代理店や航空会社を利用し、北欧関連商品の消費にも拍車がかかる、という構図だ。

Arto Lindblom, Taru Lindblom and Miikka J. Lehtonen
graph data
「北欧のイメージ調査」プレゼン資料から。どの国も最高得点の「6」に近く、北欧人気が一目瞭然

イメージ調査の結果発表後には、北欧専門の旅行代理店2社が感想を述べた。フィンコーポレーションの美甘小竹社長は、30年前は北欧諸国は一緒くたに見なされ、地図上でどの国がどれなのか区別がつかなかったと振り返った。15年前ほどから北欧デザインが脚光を浴び、今では雑誌の特集で「北欧デザイン」が「ミラノサローネ」と同等の扱いになっていると指摘。同社の顧客の6~7割がフィンランドを旅行先に選び、次にスウェーデン、デンマークと続くと紹介した。ツムラーレコーポレーションの中垣内要営業本部長は、同社の顧客数が昨年に比べて増え、10~15%増の間で推移していると話した。昨年11月のパリ同時多発テロ事件の影響で、比較的安全と見なされる北欧に観光客が流れたのが一因と見られる。

Finnair to Fukuoka
フィンランド航空は成田、名古屋、大阪から毎日運航。今年5月9日には新たに福岡に就航、10月までの季節便として週3日運航される。写真は消防車の放水アーチで歓迎される様子

続いて行われた質疑応答でも活発な議論が繰り広げられた。フィンランド航空と日本航空による直行便が毎日運航されていることも「フィンランド優位」の一因だという意見もあった。またフィンランド大使館のツイッターアカウント「フィンたん」が日本国内にある大使館のなかで最もフォロワー数が多く、イメージ向上に役立っているとのコメントもあった。マヌ・ヴィルタモ駐日フィンランド大使は、ある場所で聞いたエピソードを紹介。日本人が海外旅行に行くとたいてい商品の強引な売り込みに辟易するのに対して、少なくともフィンランドでは観光客扱いされず、「日常の一部分」「町の一員」になったような感じがして居心地が良いのだという。

このページを印刷する

更新 2016/07/01


© フィンランド大使館、東京 | 本サイトについて | 連絡先