コンテンツへジャンプする
フィンランド外務省

ヘルシンキがフィギュアスケートの舞台に - フィンランド大使館・東京 : 最新ニュース

フィンランド大使館、東京

〒106-8561東京都
港区南麻布3-5-39
電話: (03)5447-6000
E-mail: sanomat.tok@formin.fi
English | Suomi | Svenska | 日本語 |  | 
文字の大きさ 普通文字の大きさ 大
 
最近の出来事・お知らせ, 2017/03/24

ヘルシンキがフィギュアスケートの舞台に

Photo: Petr Sznapka/CTK/Lehtikuva
jäätanssi3
アイスダンスのフィンランド代表ユッシビッレ・パルタネン&セシリア・トルン

3月29日~4月2日にフィンランドの首都で開催される世界フィギュアスケート選手権に世界中からファンが集結する。

フィンランドが初めて世界フィギュアスケート選手権を開催したのは、ロシア帝国から独立を果たす3年前の1914年のこと。ヘルシンキのノース・ハーバーの

銀盤上で、スウェーデンのギョスタ・サンダルが男子シングルのチャンピオンに輝いた。

当時は男子、女子、ペアの選手権が別々の場所で行なわれていたため、男子がヘルシンキ、女子とペアはスイスのサンモリッツが会場となっていた。国際スケート連盟(ISU)は1952年にアイスダンスも加え、4つの競技からなる世界選手権はシーズン最後の集大成の大会としてファンを魅了し続けている。

3月29日から4月2日まで行なわれる世界フィギュアスケート選手権ヘルシンキ大会では、ハートウォールアリーナの会場に30カ国以上から競技者が参加する。今年は奇しくも、フィンランド独立100周年という記念すべき年。世界最高峰の演技と、街中で繰り広げられる100周年記念イベントが一体となって、祭典ムードを盛り上げる。また、作家でスポーツジャーナリストとしても活躍するレーナ・レヘトライネンが本大会のために短編小説を書き下ろし、大会公式ミステリーとしてオンラインで連載するなど、ユニークなコラボも実現している。(下記リンクを参照)

Photo: Jaroslav Ozana/CTK/Lehtikuva
jäätanssi1
2017年フィンランド選手権で優勝したエンミ・ペルトネンが銀盤を舞う

オリンピックを視野に

フィギュアスケートには欧州選手権、4大陸選手権、世界ジュニア選手権など様々な大会がありが、そのなかでも世界フィギュアスケート選手権はISUが主催する最も権威ある競技になる。ここで表彰台に立つことは、オリンピックでメダルを獲得することに次いで名誉あることだ。また2017世界選手権の結果によって、2018年に行なわれる平冒オリンピックでの出場枠が決まるため、大事な前哨戦となる。

ヘルシンキ大会の女子競技には、2017年フィンランドチャンピオンのエンミ・ペルトネンを含む38名が出場。男子競技にエントリーしているのは37名で、2回北欧のメダリストになり、4回フィンランドチャンピオンになったヴァルッテル・ヴィルタネンが開催国を代表する。29組が出場するペア競技には、フィンランドのエミリア・シモネンがカナダ出身パートナーのマシュー・ペナッセと組んで滑る。32組が出場するアイスダンスでは、セシリア・トルンとユッシヴィッレ・パルタネンがフィンランドを代表する。

Photo: Sari Niskanen
jäätanssi2
フィンランドの代表チーム(左から)ヴァルッテル・ヴィルタネン、ユッシヴィッレ・パルタネン、セシリア・トルン、エンミ・ペルトネン、マシュー・ペナッセ。

覇者と挑戦者の闘い

ヘルシンキが世界選手権を開催するのは、今年で5回目。1896年に始まった世界選手権でフィンランドが表彰台に輝いたのは、ラウラ・レピストが銅メダルを獲得した2010年のこと。

ヘルシンキが前回世界選手権を開催した1999年は、ロシア勢の圧勝だった。アレクセイ・ヤグディンとマリア・ブッテルスカヤがシングルで優勝し、エレーナ・ベレスナヤ&アントン・シハルリゼ組がペアで、アンジェリカ・クリロワ&オレグ・オフシアンニコフ組がアイスダンスで優勝した。1983年のヘルシンキ大会では、アメリカのスコット・ハミルトンとロザリン・サムナーズがシングルで優勝。ソビエトのエレーナ・ワロワ&オレグ・ワシリエフ組がペアで優勝し、またイギリス人のジェーン・トービル&クリストファー・ディーン組がアイスダンスでトップに輝いた。

前回の2016世界選手権ボストン大会からのディフェンディングチャンピオンとしては、以下の選手が出場。スペインのハビエル・フェルナンデス(男子シングル)、ロシアのエフゲーニャ・メドヴェージェワ(女子シングル)、カナダのメーガン・デュハメル&エリック・ラドフォード組(ペア)、およびフランスのガブリエラ・パパダキス&ギョーム・シゼロン組(アイスダンス)。

そこに日本から出場の2014年オリンピックおよび世界チャンピオンの羽生結弦選手をはじめ世界トップのスケーターたちがどう挑むのか。熱いパフォーマンスを期待したい。

日本からの出場選手

男子:  宇野昌磨、羽生結弦、田中刑事

女子: 本郷理華、樋口新葉、三原舞依

ペア: 須藤澄玲&フランシス・ブードロー=オデ

アイスダンス: 村元哉中&クリス・リード

By Michael Hunt, March 2017 原文はThis is FInlandより

Link

2017年世界フィギュアスケート選手権
 公式Facebookページ
 公式Twitter

消えたスケート選手の謎、レーナ・レテトライネン著

Facebook: Emilia Simonen & Matthew Penasse

Facebook:Cecilia Törn & Jussiville Partanen

このページを印刷する

更新 2017/03/24


© フィンランド大使館、東京 | 本サイトについて | 連絡先