コンテンツへジャンプする
フィンランド外務省

日本×フィンランドのアイドルユニット誕生! - フィンランド大使館・東京 : 最新ニュース

フィンランド大使館、東京

〒106-8561東京都
港区南麻布3-5-39
電話: (03)5447-6000
E-mail: sanomat.tok@formin.fi
English | Suomi | Svenska | 日本語 |  | 
文字の大きさ 普通文字の大きさ 大
 
最近の出来事・お知らせ, 2017/07/28

日本×フィンランドのアイドルユニット誕生!

この夏、異色のアイドルグループが正式デビューする。タンペレ出身のフィンランド人姉妹ノーラ&ペトラと、すでにアイドルとして人気を確立している「でんぱ組.inc」のメンバー、ピンキー!こと藤咲彩音による3人組だ。ピンキー!ノーラ&ペトラ(通称ピノペ)は、日本のアイドルシーンではおそらく唯一の西洋系アイドルが活躍するグループ。8月23日にデビューシングル『オーロラとピース』が発売されるのを前に、6月25日には所属するディアステージのショーケースに初めて「ピノペ」として出演。フィンランドの国花であるスズランの衣装を身にまとい、かわいい歌とダンスで観客を魅了した。フィンランド大使館広報部は、アイドルフェスやファンイベントが本格化する前の7月、ピノペにインタビューする機会を得た。

Photo: Dear Stage
Pinope1

──3人での初舞台はいかがでしたか。

ノーラ:思ったほど緊張しませんでした。日本語によるMCの部分はちょっとドキドキしたけれど、ピンキー!が助けてくれたから。ファンは振り付けをすぐに覚えて一緒に踊ってくれて、楽しそうでした。それを見て、私も嬉しくなっちゃって。

ペトラ:私も緊張しなかったです。ファンの楽しそうな顔を見るのはいいですね。

ピンキー!:でんぱ組.inc、ニァピンに続いて3組目のグループなんですけど、(組む相手が外国人だからといって)あまり不安感はなかったですね。ノーラとペトラは、アイドルにすごく興味があって、いろいろ調べていましたし。もともとアイドルやってたんじゃないって思うくらい。不思議な感じはしますよね、ステージで隣をパッと見たときに「あれ?日本人じゃない」みたいな(笑)。MCも普通に喋れるし、楽屋でもくだらない話をするんですよ。

──くだらない話?

ピンキー!:日本は豆腐が安い、とか(笑)。2人とも自炊をしているので、料理のお話とか。おにぎりにナッツを入れて食べてるんだっけ(と2人に確認)?日本人だと、お米にナッツを入れるって、あまりないでしょう。不思議だなあ、おいしそうだなあって。

pinope2

料理話で盛り上がる3人を見ていると、まるで旧来の友人のよう。でもユニットを組むと正式に決まったのは今年3月のことだ。ノーラとペトラはシンデレラ物語のように、とんとん拍子でアイドルへの道を駆け上っていった。

日本のアニメやマンガが大好きだった姉の影響を受けて、2人も日本文化に憧れる少女時代を過ごした。3~4年前には日本のアイドルやダンスカルチャーにも興味が広がり、やがてオンライン上に「踊ってみた動画」を投稿するように。そしてノーラが大学の交換留学生として日本に滞在していた2015年12月、新人タレントを募集していたディアステージの広告を見て応募。2016年6月に行なわれたディアステージ・ショーケースの前座を演じるチャンスを得て、今年1月に再来日し、でんぱ組.incのバックダンサーを務めた。その後、以前からムーミンと北欧デザインが大好きだったでんぱ組.inc所属ピンキー!と、日本のアイドルシーン、とくにでんぱ組.incに夢中だったノーラとペトラは、お互いが惹かれ合うかたちで「ピンキー!ノーラ&ペトラ」というグループを結成、CDデビューすることになった。

Photo: Dear Stage
pinope5

──ノーラとペトラは、でんぱ組.incの曲でも「踊ってみた」動画を投稿していましたよね。大好きなグループのメンバーとユニットを組むと聞いて、どんな気分でしたか?

ノーラ:びっくりしました!え、何が起きたのって。ピンキー!はとても優しくて、アイドル文化についていろいろ教えてくれます。一緒に練習するのが楽しいんです。笑いのつぼも似てるんですよ。

ペトラ:ピンキー!を、でんぱ組.incとは別に考えるようにしています。マジカルな女の子たちじゃなくて、普通の人間なんだって。憧れの存在として崇めていては、一緒に仕事できませんから(笑)。

──日本語で歌っているけれど、昔から歌うのは好きだったんですか?

ペトラ:いえ、2人とも歌は初めてで。日本には気軽に歌う文化があるけれど、フィンランドではプロか、超上手な限られた人間しか歌えないような空気があるでしょう。今は家でも、2人で一生懸命練習しています。

──ダンスは昔からやっていたんですよね。

ノーラ:小中学校では体操をしていました。その後、ジャズとバレエに転向して、モダンダンスもやっていましたね。ペトラはダンス系の習い事はしてなかったけれど、数年前に私たち2人と友人数人で趣味のダンスグループをつくって、日本のポップカルチャーイベントなどで踊っていました。日本のカバーダンスを踊るのが楽しくって。フィンランドには、日本のアイドルをカバーするダンスグループが他にも2~3あるんですよ。

Photo: Dear Stage
pinope3, pinope3

──ピンキー!さんは、でんぱ組.incではダンスが「売り」なんですよね。ピノペでは振り付けも担当しているとか。フィンランドらしい振り付けにもこだわったんですか?それぞれの曲の魅力は?

ピンキー!:『恋するヘルシンキ』は曲名通り、ヘルシンキをみんなでマーチしている感じ。 挨拶の「もい!」がたくさん入っているのですが、観客と一緒に「もい!」ってできるような振り付けにしました。ついつい踊り出したくなるような振り付けにできたらいいな、という思いを込めて。歌詞も曲も、かわいいがつまっている曲です。

一番よくできたと思った振り付けは、『恋するヘルシンキ』でペトラが歌う場面。しゃがんで頭を横に振っているノーラと私に、ペトラが学校の先生みたいに「トントゥ(サンタのアシスタント)にヨウルプッキ(サンタ)住んでいる」って教えてくれる。ライブの映像を確認して、「めっちゃかわいい」って思いました!

『オーロラとピース』は、自然界にいるようなエレクトリックポップな歌。みんながワクワクするような、真似したくなるような曲調です。サビの「シャララララ~」というところとか、あまりアイドルっぽくないのも、私たちだから表現できたのかなって。

──3曲目の『Kiertokulku』(フィンランド語で「循環」の意)では、作詞にもチャレンジしたとか。詩を朗読している感じがユニークですね。

Photo: Dear Stage
pinope4, pinope4

ピンキー!:まだフィンランドに行ったことがないので、自分なりのイメージを膨らませて、ノーラとペトラにフィンランドの話を聞いて、二人のことを思いながら歌詞を書きました。ポエトリーを表現するアイドルソングも、あまりないですよね。アイドルっぽくするのか、ピノペらしくするのか、アーティストっぽくするのか、加減がむずかしかったです。

──他にフィンランドらしさにこだわっている点は?

ピンキー!:スズランの衣装だったりとか、MCで少しずつ入れたりしています。アイドルグループは最後に「ばいばーい!」と言って舞台から去っていくんですけど、そこを「もいもい!」「きーとす!」で統一するとか。

──それで、ファンの反応は?

ピンキー!:ファンの人たちって、真似してくれるんですよ。みんな振り付けを覚えるスピードも早いんです。興味をもってくれているのが伝わりました。なかにはフィンランド語の台詞を、頑張ってグーグル翻訳で調べてみたっていうファンもいたりして。

──日本のファンって独特ですよね。ヲタ芸とか、すごい統一感があって。ノーラさんとペトラさん、今までは一ファンだったのに、今はアイドル文化の真っ只中にいるってどんな感じですか?

ペトラ:ステージの上にいるのと、観客席で見ているのと、実はそんなに違わないと思います。舞台の上からいろんな踊りや掛け声が見えて、アイドルもファンも両方楽しんでいる感じ。コミュニケーションの一種ですね。ファンはアイドルの友達みたい。それって、何かかわいい。

ピンキー!:日本では、ファンとの距離が近いんですよね。でんぱ組.incでは、ファンが掛け声や動きをつくってくれていました。面白いですよ、毎回。ここで振り付けを真似するんだ、ここでそうきたかって。お互い発表の場、みたいな(笑)。

ノーラ:日本に留学中、でんぱ組.incのコンサートに行ったんですけど、ファンが小さな紙を配っていて。観客席から掛けるべき言葉とタイミングが書かれていてビックリしました!

pinope6
Photo: Dear Stage

この夏から、アイドル活動が本格化するピノペ。7月29日には六本木ヒルズSUMMER STATION アイドルフェスティバル2017、8月5日にはTokyo Idol Festival 2017、そして8月23日にデビュー曲「オーロラとピース」がリリースされる8月下旬には全国各地の会場でお披露目&特典会が開かれる。多忙な日々を控えるピノペだが、気負いは感じられない。純粋に今を楽しんでいる様子の3人に、抱負を聞いてみた。

ノーラ&ペトラ:コンサートでファンが楽しんでいるのを見ると、私たちも嬉しくなります。私たちのユニットによってファンが喜んでくれて、そのうえでフィンランドの一部分を伝えることができるなら、この上なく嬉しいです。今後も全力で頑張っていきますので、ぜひ応援してください。

ピンキー!:フィンランドってすごい素敵な国なのに、なんでみんなもっと知らないの?っていう気持ち。私たちだったら伝えていけるのかなって。2019年は日本とフィンランドの外交樹立100周年でもあるし、一緒に両国の素敵なところを盛り上げていければと思います。今後もたくさん活動して、発信し続けるので、応援してください。きーとす!

ピンキー!ノーラ&ペトラのデビューシングル『オーロラとピース』のミュージックビデオ

このページを印刷する

更新 2017/08/25


© フィンランド大使館、東京 | 本サイトについて | 連絡先