コンテンツへジャンプする
フィンランド外務省

ヘルシンキ市長の初訪日が成功裏に終了 - フィンランド大使館・東京 : 最新ニュース

フィンランド大使館、東京

〒106-8561東京都
港区南麻布3-5-39
電話: (03)5447-6000
E-mail: sanomat.tok@formin.fi
English | Suomi | Svenska | 日本語 |  | 
文字の大きさ 普通文字の大きさ 大
 
最近の出来事・お知らせ, 2018/04/05

ヘルシンキ市長の初訪日が成功裏に終了

Governor Koike received happily old Nokia phones donated by Mayor Vapaavuori to be recycled and partly utilized as Olympic Medals in Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games.
小池都知事とともに、ノキアの古い携帯電話を回収ボックスに入れるヴァパーヴオリ市長

ヘルシンキ市長のヤン・ヴァパーヴオリは3月27~29日に来日し、自治体や民間企業、報道陣に向けて、ヘルシンキ市のビジネス投資先としての魅力を存分に売り込んだ。ヘルシンキが発祥のスタートアップイベントSlush Tokyoを見学したり、小池百合子都知事と面談するなど忙しい日程をこなした。

北京から羽田空港へ降り立ったヴァパーヴオリ市長の最初の訪問先はフィンランド大使館。まず報道陣を前に、世界的なスタートアップイベントSlushがヘルシンキで生まれた背景やその成功物語、ヘルシンキ市がもつ投資家や起業家に向けてのセールスポイントなどについて語った。昨今の不安定な世の中では、「予測可能で信頼性があり、機能的な」フィンランドはビジネスをする上でも観光地としても魅力的だというメッセージは、メディアイベント直後に行なわれたビジネスセミナーでも響いたようだ。館内に集まった約60名に向けて、フィンランドはヨーロッパの中でも法人税が低く、日本との直行便が週に38便あり、労働力は価格が妥当で高品質であることなどを紹介した。「国連の最新調査でも、フィランドは世界一幸福な国だと発表されました」と、ヴァパーヴオリ市長の表情から笑みがこぼれた。「機能的な我が町で、ぜひ御社の成功物語を一緒に築きましょう」

About 60 people participated in a seminar opened by Mayor Vapaavuori , titled "Leading Innovation and Business Opportunities in Finland"
フィンランド大使館で開催されたビジネスセミナーでは、約60名がヴァパーヴオリ市長のスピーチに耳を傾けた

翌朝向かった東京ビッグサイトでは、日本で4度目の開催となるSlush Tokyoを垣間見るチャンスを得た。今や世界的に知られるSlushは2008年に初めてヘルシンキで開催され、昨年は2万人が集結した学生ボランティア主体のスタートアップイベントだ。日本の会場もヘルシンキ同様、デジタルサウンドとレーザービームが溢れるロックコンサートのよう。ヴァパーヴオリ市長はメインステージ横に陣取ったフィンランドブースを訪れ、AR/VRが中心の出展企業10社の話に耳を傾けた。「Slush Tokyoは本場ヘルシンキとの類似点がたくさんありながら、日本的要素も感じられて素晴らしい。Slushは単なるスタートアップのイベントではなく、若者の起業に対する関心を喚起する意味合いもあります。(6000名参加という)今年の規模をボランティア主体で作り上げたというのは見事だと思います」

Finnish startup company Deeptale presenting their solutions to Mayor Vapaavuori at Slush Tokyo 2018.
Slush Tokyoを訪問したヴァパーヴオリ市長に商品の説明をするフィンランドのスタートアップ企業deeptale

ヴァパーヴオリ市長はこの後、小池都知事と会談し、2020年に予定されている東京オリンピックなどについて言葉を交わした。携帯電話や小型家電から抽出したリサイクル金属でメダルを製作する「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」にも参加。古いノキアを回収ボックスに入れるヴァパーヴオリ市長に対し、小池都知事はフィンランド人選手が金・銀・銅のメダルに輝けるようエールを送った。そのほか会談では、来年に控えた日本フィンランド外交関係樹立100周年に絡めて、「ヘルシンキウィーク」を東京で開催する可能性についても話し合った。「国レベルだけではなく、都市レベルでの協力も最近は増えています」と、ヴァパーヴオリ市長は言う。来年は、東京でのヘルシンキの存在がさらに高まりそうだ。

このページを印刷する

更新 2018/04/19


© フィンランド大使館、東京 | 本サイトについて | 連絡先