コンテンツへジャンプする
フィンランド外務省

フィンランドの同窓会ネットワークが発足 - フィンランド大使館・東京 : 最新ニュース

フィンランド大使館、東京

〒106-8561東京都
港区南麻布3-5-39
電話: (03)5447-6000
E-mail: sanomat.tok@formin.fi
English | Suomi | Svenska | 日本語 |  | 
文字の大きさ 普通文字の大きさ 大
 
最近の出来事・お知らせ, 2018/05/31

フィンランドの同窓会ネットワークが発足

Siukosaari alumni suopani
シウコサーリ大使がネットワークの名付け親の染谷瑞希さんに賞品をプレゼント

5月26日(土)、フィンランド大使館は、フィンランドで半年以上の滞在を条件に集まった初の同窓会イベントを開催した。当日はフィンランドから帰国したばかりの交換留学生から80年代に駐在していビジネスマン、研究者まで幅広い層の参加者が集まった。シウコサーリ大使が発案したこのイベントは、ライブミュージック、バーベキュー、フィンランドの夏のゲームなどリラックスした雰囲気の中、楽しいものとなった。

まず、シウコサーリ大使の歓迎の挨拶から始まった。フィンランドに滞在した方々が体験や思い出を共有し、フィンランドと日本の良好な関係維持を目的としたネットワークになるよう願って、このアイデアは生まれた。また、1回限りで終わるのではなく、毎年集合するなど、大使館は何らかの形で同窓会の活動維持を支援していきたいと大使は語った。

alumni grilli
フィンランドBBQの決定版、大量のマッカラ(ソーセージ)が振舞われた
maija kauhanen
マイヤ・カウハネンは珍しいサーリヤルヴィのカンテレを演奏

挨拶に続いてフィンランドのニュース、イベント、旅行情報など、最新情報の入手方法について報道・文化担当参事官が紹介。日本のフィンランドセンター所長アンナ=マリア・ウィルヤネンがセンターの活動を紹介し、マイヤ・カウハネンがフィンランドの伝統楽器カンテレを演奏し、観客との歌の掛け合いも楽しんだ。

この日は天候に恵まれ、フィンランドの夏のコテージライフに習い、屋外でバーベキューをし、モルックやダーツなどのゲームを楽しむこともできた。友人との久しぶりの再会に沸く声が聞かれたり、フィンランドの経験を共有して新たな友情が芽生えた様子が見られたりした。また、アンティ・パーラネンがアコーディオンでフィンランドの夏の雰囲気を演出し、室内では大使館のマスコットのフィンたんとバーチャルリアリティでサウナに入ることもできた。

Antti Paalanen
アコーディオン奏者のアンティ・パーラネンが素晴らしいパフォーマンスを披露

今回のメインイベントの一つは、同窓会ネットワークに名前をつけること。参加者はそれぞれ名前を提案し、最終的には多数決で「Suopani(すおぱに)」に決定した。これはフィンランドと日本を表すフィンランド語「Suomi」と「Japani」を組み合わせた造語。発案者の染谷瑞希さんは、両国の関係がさらに発展することを願ってつけたと語った。

alumni party
イベントは初めから終わりまで大盛況だった

ダーツゲームで優勝したのはラハティ応用科学大学の交換留学生だった上田ななこさん。彼女は夫と8ヶ月の娘といっしょに富山から上京して参加した。上田さんはこのイベントは大成功で、今後も同様の会が開かれることを期待すると話した。彼女は日々の生活の中でいつもフィンランドを懐かしく思っていると語った。以前、上田さんはフィンランドの夏のコテージで一度ダーツに挑戦したことがあるとのこと。

tikka
フィンランドの夏の遊び

フィンランド大使館は参加いただいた皆様に御礼申し上げます。今後のイベントは大使館のソーシャルメディアやSuopani同窓会ネットワークで告知します。

フィンランドに半年以上住んでいた方は、Suopani フィンランド同窓会ネットワークにこちらから登録することができます。

このページを印刷する

更新 2018/06/11


© フィンランド大使館、東京 | 本サイトについて | 連絡先