コンテンツへジャンプする
フィンランド外務省

フィンランド大使館に新スタッフ2名が着任 - フィンランド大使館・東京 : 最新ニュース

フィンランド大使館、東京

〒106-8561東京都
港区南麻布3-5-39
電話: (03)5447-6000
E-mail: sanomat.tok@formin.fi
English | Suomi | Svenska | 日本語 |  | 
文字の大きさ 普通文字の大きさ 大
 
最近の出来事・お知らせ, 2018/09/04

フィンランド大使館に新スタッフ2名が着任

駐日フィンランド大使館は、武官のアスコ・コプラと受付スタッフのリンドルース沙永子を新しく迎えた。

Asko Kopra
Colonel Kopra

アスコ・コプラ陸軍大佐が8月1日、駐日フィンランド大使館の武官に就任した。日本の他、中国と韓国を所管する。就任前の4年間、コプラ大佐はフィンランド国防司令部やフィンランド陸軍司令部に高級参謀将校として在籍した。

コプラ大佐の出身は機甲部隊。入隊してからの数年は装甲車や装備について訓練を受け、その後、機甲学校や機甲旅団で徴収兵や幹部候補生の訓練にあたり、また能力構築にむけた研究開発で指揮をとったりした。

フィンランド国外では、NATOコソボ治安維持部隊多国籍旅団やポツダムのドイツ陸軍司令部、在ブリュッセルNATOフィンランド代表部で上級参謀等を歴任した。

ヨハンナ夫人と共に北京に駐在する。成人した2人の娘がおり、フィンランドで勉学を続けている。夫妻は旅行好きで新しいことへの好奇心は強い。美味しい食べ物には目がなく、フィットネスなど健康志向の運動にも関心は高い。

アスコさん、アジアにようこそ!

Saeko Lindroos

フィンランド大使館の受付スタッフにリンドルース沙永子が着任した。
リンドルースは6年間フィンランドに居住し、この度夫と二人の子供と共に日本に移住してきた。受付の仕事やオフィスワークは日本でもフィンランドでも経験済みである。また、米国カリフォルニアで学び、帰国後英語の教員免許を取得するなど、語学の才能は充分である。

リンドルースは歌を愛し、カラオケバーやクルーズ船のカラオケで歌うだけではなく、フィンランドのテレビ番組Voice of Finland や Idolsのオーディションの一次選考を通過した経験を持つ。フィンランド語でも歌い、ヨハンナ・クルケラの「Rakkauslaulu (愛の歌 )」が十八番である。

「日本に帰国してどうですか?」との質問に、フィンランドの秋と冬の暗さ、寒さは全く恋しいとは思わないが、春と夏の日差しや風景は懐かしくなる時が来るだろと話す。フィンランドから日本への生活環境の変化を恐れないリンドルースではあるが、「関西で育ったので、東京での生活に小さなカルチャーショックが予想される」と、笑いながら語った。

このページを印刷する

更新 2018/09/05


© フィンランド大使館、東京 | 本サイトについて | 連絡先