コンテンツへジャンプする
フィンランド外務省

オルパナ新大使が天皇陛下に信任状を捧呈 - フィンランド大使館・東京 : 最新ニュース

フィンランド大使館、東京

〒106-8561東京都
港区南麻布3-5-39
電話: (03)5447-6000
E-mail: sanomat.tok@formin.fi
English | Suomi | Svenska | 日本語 |  | 
文字の大きさ 普通文字の大きさ 大
 
最近の出来事・お知らせ, 2018/11/15

オルパナ新大使が天皇陛下に信任状を捧呈

Imperial Palace
皇居に向かう前に大使館で記念撮影

ペッカ・オルパナは11月14日、フィンランド共和国の特命全権大使として天皇陛下に信任状を捧呈した。爽やかな秋晴れのなか、金色の車輪をした赤紫色の馬車は大使と外交官6名を乗せて東京駅周辺を出発し、軽快な蹄音を響かせながら儀式が行われる皇居へと向かっていった。

ペッカ・オルパナが日本に到着したのは今年9月だが、天皇陛下に信任状を捧呈するまでは、正式に「大使」を名乗ることはできない。今回の儀式を無事終えたことで、特命全権大使としての公務を全うできることになる。「古式の馬車に座った途端、50年ほど前にフィンランドの田舎で馬車に乗っていた子どもの頃の思い出が蘇ってきました」と、オルパナ大使は振り返る。「もちろん、天皇陛下に拝謁するということで緊張していましたが、その温かな存在感によって私たち全員が落ち着きを取り戻すことができました。私たちはフィンランドの代表として、これほど素晴らしい国との関係促進に携われることを光栄に思います」

写真:宮内庁
Emperor
天皇陛下に信任状を捧呈するオルパナ駐日フィンランド大使

東京に着任前、オルパナ大使は在ヘルシンキの外務省に対外エネルギーおよび気候変動政策担当上級顧問として勤務。2011年から2015年には駐セルビア大使(モンテネグロを兼任)、2007年から2011年には駐ペルー大使(エクアドルおよびボリビアを兼任)を務めた。

東京には妻のパウラ・クル=オルパナと共に赴任。成人した二人の息子はフィンランドに住む。2019年には日本フィンランド外交関係樹立100周年という記念すべき年を控えるなど、忙しい日々が待ち構えている。「日本では、想像以上に幅広い任務をこなす多忙な毎日を送っていますが、東京では大使館、Business Finland、 フィンランドセンターが素晴らしい協力体制を築いています」

信任状捧呈式に向かう馬車と騎馬隊の動画

フィンランド大使館サイトに掲載されたペッカ・オルパナ大使のメッセージ
http://www.finland.or.jp/public/default.aspx?nodeid=41275&contentlan=23&culture=ja-JP
 

このページを印刷する

更新 2018/12/12


© フィンランド大使館、東京 | 本サイトについて | 連絡先