コンテンツへジャンプする
フィンランド外務省

フィンランド・日本外交史 - フィンランド大使館・東京 : 大使挨拶 : フィンランド・日本外交史

フィンランド大使館、東京

〒106-8561東京都
港区南麻布3-5-39
電話: (03)5447-6000
E-mail: sanomat.tok@formin.fi
English | Suomi | Svenska | 日本語 |  | 
文字の大きさ 普通文字の大きさ 大
 

外交関係の歴史

フィンランドと日本の外交関係

ソ連国内の展開を観測する任務に

1919年5月23日に日本がフィンランドの独立を事実上承認して以降、フィンランドは日本に代理大使を駐在させることを検討し始めた。日本の地政学的位置が、ソ連東部における展開を見守る観測所としてふさわしいと考えられたのだ。ルードルフ・ホルスティ外相は、日本駐在フィンランド代表にはグスタフ・ヨン・ラムステッドを任命するよう主張する意を固めていた。ロシア革命と、アジアを横切る陸のルートがなかったせいで、新しいフィンランド代表にとっての唯一の選択肢は長い、時間のかかる海の旅に乗り出すことだった。

家から家へ転居

困難な船旅の果てに、ラムステッド氏がやっと東京へ到着したのは1919年晩秋のことだった。彼は最初、主要な鉄道駅に近い築地精養軒ホテルに在外フィンランド公館を設立した。到着して何週間か後、ラムステッド氏は郊外の下渋谷地区に家を1軒借りることができた。1920年5月には、麻布にある元アルゼンチン大使館だった建物を在外フィンランド公館として使えることになった。麻布は大使館が多いことで知られる地区である。

1923年9月、大震災が東京を襲い、莫大な被害をもたらした。フィンランド外交団はまたしても拠点を失った。1924年1月、ラムステッド氏はこう報告している。「私はいま、帝国ホテルの327号室に泊まっています。いまのところ、市内に恒久的な住居を見つけるのは不可能です」

1920年代半ばになるとソビエト極東地方の軍事的、政治的緊張がある程度緩和したため、東京駐在のフィンランド外交団は、広大な極東経済地域における通商上、政治上の利益を守ることに活動の重点を向けるのが妥当だと考えた。ラムステッドの任期中は日本の政治情勢はまだ安定していた。1929年に彼がフィンランドへ帰国したとき、世界はすでに不況の深みに沈み始めていた。日本の軍内部では国粋主義と天皇崇拝とが勢いを得つつあった。

民主主義への道

1930年3月初め、閣僚G.ウィンケルマンが東京駐在フィンランド代理大使に任命された。民主主義への道は停滞していた。日本の政治情勢は、ここ長年なかったくらい不穏だった。日本の主たる関心は満州にあった。

日本はその対中政策の結果、国際連盟で孤立的立場になり、ついには脱退した。1933年、フーゴ・ヴァルヴァンネが東京へ派遣されたときには、日本の国内的、対外的政策決定において超国粋主義勢力が穏健派に対して優位に立ちつつあった。大規模戦争の脅威、ソ連に対する姿勢、そして日本の国益などが、 1930年代の東京駐在外交官どうしの話合いに影響を及ぼしていた。

大戦中の世界

1939年秋、日本の国際的立場は変わった。欧州でのさまざまな出来事と、ドイツとソ連が不可侵条約を結んだという事実とが日本の権力上層部に手痛い失望をもたらした。日本は孤立した。

フィンランドの冬戦争前夜、日本はフィンランドに非常にいいイメージを抱いていた。困難な交渉の只中で奮闘するフィンランドに共感さえ持っていた。冬戦争の当初日本は、フィンランド

はほとんど絶望的な状況にあるとみていた。フィンランド国民の抵抗の成功と大規模な戦術的勝利とは、日本国民のあいだに大きな尊敬の念をよびおこした。

ヘルシンキあての電報

1941 年早春、松岡洋右外相はドイツとイタリアを訪問した。ベルリンではヨアヒム・フォン・リッベントロップが、シンガポールを攻撃せよと日本に迫った。帰国の途上、松岡外相はモスクワを訪れて日ソ中立条約に署名した。日本は自分の身を守ったのだ。いまや、軍事活動の重点を太平洋へ転ずることができる。

1941年から1944年にかけての戦時中、日本の軍事行動によって東京駐在フィンランド外交団は孤立した。特使による連絡は途絶え、接触は電報で行うほかなかった。

1942 年夏には、日本の戦線は下降線をたどり始めた。フィンランドがドイツとの外交関係を断絶したのち、松本外相はフィンランド特使イードゥマン氏に接近し、新たな状況におけるフィンランドの日本観を不安げに問うた。1944年9月30日、イードゥマンは、自分の理解するところではわが国の外交関係という問題が日本の関心をひいている理由はフィンランドにだけあるのではない、と報告した。もしフィンランドが日本との関係を断絶せざるを得なくなればロシアも後日それにならうかもしれない、と彼は述べた。

ソ連はまさに日本が恐れていたとおりの行動をとり、満州と千島列島を攻撃した。フィンランドは日本との外交関係を断絶し、外交団の一行をシベリア経由で故国へ避難させた。

外交関係の回復

フィンランドと日本の外交関係が途絶えて以降は、スウェーデンがフィンランドの保護者という立場で日本におけるフィンランドの権益を管轄した。8年間の不在を経て1952年春、わが国政府は東京へ代表を派遣するかどうかを話し合った。ほぼ同じ頃、日本の占領当局は、日本にフィンランド通商代表を駐在させることに関する問い合わせに対して前向きの回答を寄越した。その後間もなく、日本は独立を回復した。

同年秋には代表団は総領事館として機能することとなり、その5年後には公使館となった。東京駐在フィンランド特使としてのスメズスルンド氏の任期は1962 年8月1日で終了し、ヴィルヨ・アホカスが初の東京駐在フィンランド大使となった。1962年9月26日、アホカス大使が日本国天皇に信任状を奉呈した時点で、公使館は正式に大使館に指定された。1960年代には、フィンランドと日本の通商関係はさらに活発になった。その結果、日本とフィンランドの交流も復活してきた。

二国関係のルネッサンス

1977 年2月には、ケイヨ・コルホネン外相が日本に初の公式訪問をした。同年12月にはカレヴィ・ソルサ首相が、日本で開催された社会主義インターナショナルの会議に出席した。1977年秋には、フィンランド教育省が文化交流協定に関する交渉をスタートした。両国関係にとってかつてない活況期となった。

1980年はフィンランド・日本関係における記録的な年で、二国間にかつてないほど多くの出来事があった。6月には文化交流協定が効力を発し、12月には長年懸案だった航空協定が調印された。

輸出促進のためのイベントもいくつか行われ、中でも重要だったのは、1980年3月、日本の雇用者連盟である経団連の代表団がフィンランドを訪れたことだ。同年9月には日本の国会議員の一団がフィンランドを訪れた。マウノ・コイヴィスト大統領は任期中、4度にわたって訪日した。1987年には中曽根康弘首相がフィンランドを訪問し、2000年には明仁天皇が美智子皇后とともにフィンランドを訪問された。

1983 年、フィンランド航空がヘルシンキ・東京間の直行便を就航させた。ソ連崩壊によってシベリア上空を通る直行フライトが可能になり、飛行時間が大幅に短縮された。日本にとってフィンランドはこれまでつねにヨーロッパとヨーロッパ市場への玄関口であった。そのよい例が、1962年、日本車の欧州征服がフィンランド経由で始まったことである。両国間の重要性についていえば、日本はこれまで常にアジアにおけるフィンランドのもっとも重要な貿易相手国である。

本文:アンティ・ヴオヨライネン(Antti Vuojolainen)

フィンランド外務省情報サービス

このページを印刷する

本ページの表示

更新 2008/12/11


© フィンランド大使館、東京 | 本サイトについて | 連絡先