コンテンツへジャンプする
フィンランド外務省

EUの中のフィンランド - フィンランド大使館・東京 : フィンランドについて : EUの中のフィンランド

フィンランド大使館、東京

〒106-8561東京都
港区南麻布3-5-39
電話: (03)5447-6000
E-mail: sanomat.tok@formin.fi
English | Suomi | Svenska | 日本語 |  | 
文字の大きさ 普通文字の大きさ 大
 

EUの中のフィンランド

フィンランドは1995年に欧州連合 (EU) に加盟して以来、財政、政治、安全保障機関をはじめとするEUの発展に努めてきました。それはフィンラドの安全保障と社会福祉の強化にも繋がっています。.

フィンランドのEU政策の担い手

フィンランドのEU政策の全体的指針を首相府がまとめ、関連の事柄を各省と調整します。指針に関わる決定は、内閣のEU関連委員会が行います。同委員会では、政治、経済、法律で重要なEUの主要事項について議論します。

欧州統合までフィンランドが歩んだ道

フィンランドは1961年に欧州自由貿易地域 (EFTA)に準加盟国として参加して以来、欧州の統合に参画してきました。

  • 1961年 EFTAの準加盟国
  • 1973年 欧州経済共同体(EEC)に加盟
  • 1986年 EFTAの正加盟国
  • 1992年 EU加盟を申請
  • 1995年 EU加盟国

フィンランドは欧州通貨同盟(EMU)の加盟国として、北欧では唯一、単一通貨のユーロを導入しています。また、協定国間の国境を取り除くシェンゲン協定にも加盟しています。

Golden age activities. People playing cards with European Union stars on the table.フィンランドはEU加盟国として、エネルギー、民主主義への支援、人口問題、環境、雇用など欧州の課題に取り組んでいます。

 

このページを印刷する

フィンランド外務省のその他のサイト

関連サイト

更新 2013/02/07


© フィンランド大使館、東京 | 本サイトについて | 連絡先